このサイトでは、ポリ袋の活用法の中でも、災害時にも用いることで大活躍する方法についてご紹介していきます。電気や水が思うように使えない事態になった時にでも役立つ非常食レシピを知っておけば調理が出来ます。
また、水の制限がある中で作れるレシピだけではなく、ポリ袋があれば簡易の救命胴衣まで作れます。普段の暮らしに欠かせないものですが、災害時にも強い味方となる存在ですので、活用法を把握しておけば、いざと言う時に役立てられるようになります。

災害時に大活躍!ポリ袋の活用法

災害時に大活躍!ポリ袋の活用法 ポリ袋を使って災害時には具材を合わせる時、加熱する時、お皿に盛りつける時などに出来るだけ水を使わずに衛生的に調理をすることが可能になります。
調理のコツは、しっかりと口を縛り空気を抜いて加熱をします。簡易の救命胴衣は、ポリ袋に空気を入れるだけで複数個をつなげば充分、代用として活躍してくれます。普段から身近にあるポリ袋がこのように災害時にも役立つことを頭においておけば、いざと言う事態になった時に不便さをカバーし、調理の際に節水して行えるようになるので、ストックをしておくことも検討してみましょう。
出来れば、調理が出来る厚さ0.01ミリのポリ袋も含めて、買い揃えておけば、なお安心できるようになるでしょう。

ポリ袋を手袋として活用

ポリ袋を手袋として活用 ポリ袋は、どこの家庭でも無くてはならないものでしょう。大きさや厚さも様々な物が出回っているので、用途に応じて使い分けする事も気軽にできるようになっています。
例えば、野菜の保存するときには薄手のものを調理に使う時にはやや厚手のもので耐熱性のあるものを使うなど、使い分けをすることでさらに利便性が広がります。ポリ袋は、一般的な使い方のほかに手袋として使えるのもご存知ですか。買っていてすぐそばに買い置きがないこともあり、手っ取り早く使えるので便利です。
また、手袋を濡れている手だと指を入れにくかったりしますが、ポリ袋ならそのまま手のひらを入れれば済むので手間がかかりません。例えば、魚料理で内臓の処理をする時、ハンバーグをこねる時など手に臭いが付かないようになるので便利です。その他、ペットの糞の始末をする時にも毎日のことですから、手軽に使えて衛生的です。何より安価で身につけやすいので、思ったらすぐに使える利便性もあるため、ストックしておくととても重宝します。保存用という目的ではない場合、安価なものでも雑な扱いをする作業でない限りは安心して使えるので便利です。まとめ買いをしておけばこういった使い方にも活用できるのではないでしょうか。

おすすめポリ袋関連リンク

小ロットから注文できる、サイズやデザインが豊富なポリ袋のサイト

ポリ袋なら